Dorsal Fin  
ver.1
  • Dorsal Fin (ver.1) Heki-tamenuri(碧溜) [no.07003] Ebonite
    Price: US$1,200

    キャップにヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルです。

    「溜塗り」とは、透けによって漆のたまり状態がよく見え、吸い込まれるような透明感のある飴色が特徴です。
    青と緑の中間に位置する「碧(へき)色」を漆で表現するのに何度も試行錯誤し、ようやく完成にいたりました。
    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.1) heki-tamenuri - Ishime(碧溜石目) [no.07010] Ebonite
    Price: US$1,500

    キャップにヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルです。

    碧溜石目の石目とは、漆の塗り面に乾漆粉を蒔くと表面張力が働き所々に粉が集まり、その偶然に生み出された小さな集まりを活かし、漆を重ね固着させ研ぎだす技法です。
    庭園の「石畳のよう」な仕上がりになります。
    その石目に溜塗りを施しました。

    ※技法により象嵌は入れられません。
    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.1) Midori-tamenuri(緑溜) [no.07004] Ebonite
    Price: US$1,300

    キャップにヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルです。

    「溜塗り」とは、透けによって漆のたまり状態がよく見え、吸い込まれるような透明感のある飴色が特徴です。
    常緑樹の葉の色をイメージした緑色と溜めの落ち着いた色合いが融合し、上品な仕上がりになっています。
    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.1) Midori-Ishime(緑石目) [no.07007] Ebonite
    Price: US$1,600

    キャップにヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルです。

    緑石目の石目とは、漆の塗り面に乾漆粉を蒔くと表面張力が働き所々に粉が集まり、その偶然に生み出された小さな集まりを活かし、漆を重ね固着させ研ぎだす技法です。
    庭園の「石畳のよう」な仕上がりになります。

    ※技法により象嵌は入れられません。
    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.1) Aka-tamenuri(赤溜) [no.07002] Ebonite
    Price: US$1,200

    キャップにヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルです。

    「溜塗り」とは、透けによって漆のたまり状態がよく見え、吸い込まれるような透明感のある飴色が特徴です。
    深みのある赤と溜めの落ち着いた色合いが融合し、美しい仕上がりになっています。
    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.1) Aka-tamenuri - Ishime(赤溜石目) [no.07009] Ebonite
    Price: US$1,500

    キャップにヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルです。

    赤溜石目の石目とは、漆の塗り面に乾漆粉を蒔くと表面張力が働き所々に粉が集まり、その偶然に生み出された小さな集まりを活かし、漆を重ね固着させ研ぎだす技法です。
    庭園の「石畳のよう」な仕上がりになります。
    その石目に溜塗りを施しました。

    ※技法により象嵌は入れられません。
    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.1) Suzu-Ishime (Green)(錫石目・緑) [no.07014] Ebonite
    Price: US$2,200

    キャップにヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルです。

    錫石目(緑)の石目とは、漆の塗り面に乾漆粉を蒔くと表面張力が働き所々に粉が集まり、その偶然に生み出された小さな集まりを活かし、漆を重ね固着させ研ぎだす技法です。
    庭園の「石畳のよう」な仕上がりになります。
    乾漆粉とは違い「焼き錫粉」を使用しています。

    ※技法により象嵌は入れられません。
    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.1) Suzu-Ishime (Red)(錫石目・赤) [no.07013] Ebonite
    Price: US$2,200

    キャップにヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルです。

    錫石目(赤)の石目とは、漆の塗り面に乾漆粉を蒔くと表面張力が働き所々に粉が集まり、その偶然に生み出された小さな集まりを活かし、漆を重ね固着させ研ぎだす技法です。
    庭園の「石畳のよう」な仕上がりになります。
    乾漆粉とは違い「焼き錫粉」を使用しています。

    ※技法により象嵌は入れられません。
    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.1) Suzu-Ishime (Silver)(錫石目・銀) [no.07011] Ebonite
    Price: US$2,200

    キャップにヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルです。

    錫石目(銀)の石目とは、漆の塗り面に乾漆粉を蒔くと表面張力が働き所々に粉が集まり、その偶然に生み出された小さな集まりを活かし、漆を重ね固着させ研ぎだす技法です。
    庭園の「石畳のよう」な仕上がりになります。
    乾漆粉とは違い「焼き錫粉」を使用しています。

    ※技法により象嵌は入れられません。
    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.1) Suzu-Ishime (Blue)(錫石目・青) [no.07012] Ebonite
    Price: US$2,200

    キャップにヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルです。

    錫石目(青)の石目とは、漆の塗り面に乾漆粉を蒔くと表面張力が働き所々に粉が集まり、その偶然に生み出された小さな集まりを活かし、漆を重ね固着させ研ぎだす技法です。
    庭園の「石畳のよう」な仕上がりになります。
    乾漆粉とは違い「焼き錫粉」を使用しています。

    ※技法により象嵌は入れられません。
    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.1) Toki-tamenuri(鴇溜) [no.07005] Ebonite
    Price: US$1,200

    キャップにヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルです。

    「溜塗り」とは、透けによって漆のたまり状態がよく見え、吸い込まれるような透明感のある飴色が特徴です。
    日本の伝統色である鴇色をイメージした優しい色と溜めの落ち着いた色合いが融合し、柔らかさを感じる仕上がりになっています。
    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.1) Kuro-tamenuri(黒溜) [no.07001] Ebonite
    Price: US$1,200

    キャップにヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルです。

    「溜塗り」とは、透けによって漆のたまり状態がよく見え、吸い込まれるような透明感のある飴色が特徴です。
    厳粛な漆の黒と溜めの落ち着いた色合いが融合し、雅ともいえる雰囲気を醸し出した仕上がりになっています。
    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.1) Kuro-tamenuri - Ishime(黒溜石目) [no.07008] Ebonite
    Price: US$1,500

    キャップにヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルです。

    黒溜石目の石目とは、漆の塗り面に乾漆粉を蒔くと表面張力が働き所々に粉が集まり、その偶然に生み出された小さな集まりを活かし、漆を重ね固着させ研ぎだす技法です。
    庭園の「石畳のよう」な仕上がりになります。
    その石目に溜塗りを施しました。

    ※技法により象嵌は入れられません。
    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.1) Kuro-Ishime(黒石目) [no.07006] Ebonite
    Price: US$1,400

    "キャップにヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルです。

    黒石目の石目とは、漆の塗り面に乾漆粉を蒔くと表面張力が働き所々に粉が集まり、その偶然に生み出された小さな集まりを活かし、漆を重ね固着させ研ぎだす技法です。
    庭園の「石畳のよう」な仕上がりになります。

    ※技法により象嵌は入れられません。
    Add to Cart

ver.2
  • Dorsal Fin (ver.2) Heki-tamenuri(碧溜) [no.07103] Ebonite
    Price: US$1,500

    キャップだけでなく胴にもヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルで、刀をイメージしました。

    「溜塗り」とは、透けによって漆のたまり状態がよく見え、吸い込まれるような透明感のある飴色が特徴です。
    青と緑の中間に位置する「碧(へき)色」を漆で表現するのに何度も試行錯誤し、ようやく完成にいたりました。

    ※システムの都合上オーダー選択できますが、Musicは特殊なペン先の為、お断りしております。ご了承ください。
    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.2) heki-tamenuri - Ishime(碧溜石目) [no.07010] Ebonite
    Price: US$1,800

    キャップだけでなく胴にもヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルで、刀をイメージしました。

    碧溜石目の石目とは、漆の塗り面に乾漆粉を蒔くと表面張力が働き所々に粉が集まり、その偶然に生み出された小さな集まりを活かし、漆を重ね固着させ研ぎだす技法です。
    庭園の「石畳のよう」な仕上がりになります。
    その石目に溜塗りを施しました。

    ※1 システムの都合上オーダー選択できますが、Musicは特殊なペン先の為、お断りしております。
    ※2 技法により象嵌は入れられません。ご了承ください。

    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.2) Midori-tamenuri(緑溜) [no.07104] Ebonite
    Price: US$1,600

    "キャップだけでなく胴にもヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルで、刀をイメージしました。

    「溜塗り」とは、透けによって漆のたまり状態がよく見え、吸い込まれるような透明感のある飴色が特徴です。
    常緑樹の葉の色をイメージした緑色と溜めの落ち着いた色合いが融合し、上品な仕上がりになっています。

    ※システムの都合上オーダー選択できますが、Musicは特殊なペン先の為、お断りしております。ご了承ください。
    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.2) Midori-Ishime(緑石目) [no.07107] Ebonite
    Price: US$1,900

    キャップだけでなく胴にもヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルで、刀をイメージしました。

    緑石目の石目とは、漆の塗り面に乾漆粉を蒔くと表面張力が働き所々に粉が集まり、その偶然に生み出された小さな集まりを活かし、漆を重ね固着させ研ぎだす技法です。
    庭園の「石畳のよう」な仕上がりになります。

    ※1 システムの都合上オーダー選択できますが、Musicは特殊なペン先の為、お断りしております。
    ※2 技法により象嵌は入れられません。ご了承ください。

    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.2) Aka-tamenuri(赤溜) [no.07102] Ebonite
    Price: US$1,500

    キャップだけでなく胴にもヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルで、刀をイメージしました。

    「溜塗り」とは、透けによって漆のたまり状態がよく見え、吸い込まれるような透明感のある飴色が特徴です。
    深みのある赤と溜めの落ち着いた色合いが融合し、美しい仕上がりになっています。

    ※システムの都合上オーダー選択できますが、Musicは特殊なペン先の為、お断りしております。ご了承ください。
    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.2) Aka-tamenuri - Ishime(赤溜石目) [no.07109] Ebonite
    Price: US$1,800

    キャップだけでなく胴にもヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルで、刀をイメージしました。

    赤溜石目の石目とは、漆の塗り面に乾漆粉を蒔くと表面張力が働き所々に粉が集まり、その偶然に生み出された小さな集まりを活かし、漆を重ね固着させ研ぎだす技法です。
    庭園の「石畳のよう」な仕上がりになります。
    その石目に溜塗りを施しました。

    ※1 システムの都合上オーダー選択できますが、Musicは特殊なペン先の為、お断りしております。
    ※2 技法により象嵌は入れられません。ご了承ください。

    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.2) Suzu-Ishime (Green)(錫石目・緑) [no.07114] Ebonite
    Price: US$2,500

    キャップだけでなく胴にもヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルで、刀をイメージしました。

    錫石目(緑)の石目とは、漆の塗り面に乾漆粉を蒔くと表面張力が働き所々に粉が集まり、その偶然に生み出された小さな集まりを活かし、漆を重ね固着させ研ぎだす技法です。
    庭園の「石畳のよう」な仕上がりになります。
    乾漆粉とは違い「焼き錫粉」を使用しています。

    ※1 システムの都合上オーダー選択できますが、Musicは特殊なペン先の為、お断りしております。
    ※2 技法により象嵌は入れられません。ご了承ください。

    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.2) Suzu-Ishime (Red)(錫石目・赤) [no.07113] Ebonite
    Price: US$2,500

    キャップだけでなく胴にもヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルで、刀をイメージしました。

    錫石目(赤)の石目とは、漆の塗り面に乾漆粉を蒔くと表面張力が働き所々に粉が集まり、その偶然に生み出された小さな集まりを活かし、漆を重ね固着させ研ぎだす技法です。
    庭園の「石畳のよう」な仕上がりになります。
    乾漆粉とは違い「焼き錫粉」を使用しています。

    ※1 システムの都合上オーダー選択できますが、Musicは特殊なペン先の為、お断りしております。
    ※2 技法により象嵌は入れられません。ご了承ください。

    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.2) Suzu-Ishime (Silver)(錫石目・銀) [no.07111] Ebonite
    Price: US$2,500

    キャップだけでなく胴にもヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルで、刀をイメージしました。

    錫石目(銀)の石目とは、漆の塗り面に乾漆粉を蒔くと表面張力が働き所々に粉が集まり、その偶然に生み出された小さな集まりを活かし、漆を重ね固着させ研ぎだす技法です。
    庭園の「石畳のよう」な仕上がりになります。
    乾漆粉とは違い「焼き錫粉」を使用しています。
    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.2) Suzu-Ishime (Blue)(錫石目・青) [no.07112] Ebonite
    Price: US$2,500

    キャップだけでなく胴にもヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルで、刀をイメージしました。

    錫石目(青)の石目とは、漆の塗り面に乾漆粉を蒔くと表面張力が働き所々に粉が集まり、その偶然に生み出された小さな集まりを活かし、漆を重ね固着させ研ぎだす技法です。
    庭園の「石畳のよう」な仕上がりになります。
    乾漆粉とは違い「焼き錫粉」を使用しています。

    ※1 システムの都合上オーダー選択できますが、Musicは特殊なペン先の為、お断りしております。
    ※2 技法により象嵌は入れられません。ご了承ください。

    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.2) Toki-tamenuri(鴇溜) [no.07105] Ebonite
    Price: US$1,500

    キャップだけでなく胴にもヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルで、刀をイメージしました。

    「溜塗り」とは、透けによって漆のたまり状態がよく見え、吸い込まれるような透明感のある飴色が特徴です。
    日本の伝統色である鴇色をイメージした優しい色と溜めの落ち着いた色合いが融合し、柔らかさを感じる仕上がりになっています。

    ※システムの都合上オーダー選択できますが、Musicは特殊なペン先の為、お断りしております。ご了承ください。
    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.2) Kuro-tamenuri(黒溜) [no.07101] Ebonite
    Price: US$1,500

    キャップだけでなく胴にもヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルで、刀をイメージしました。

    「溜塗り」とは、透けによって漆のたまり状態がよく見え、吸い込まれるような透明感のある飴色が特徴です。
    厳粛な漆の黒と溜めの落ち着いた色合いが融合し、雅ともいえる雰囲気を醸し出した仕上がりになっています。

    ※システムの都合上オーダー選択できますが、Musicは特殊なペン先の為、お断りしております。ご了承ください。
    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.2) Kuro-tamenuri - Ishime(黒溜石目) [no.07108] Ebonite
    Price: US$1,800

    キャップだけでなく胴にもヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルで、刀をイメージしました。

    黒溜石目の石目とは、漆の塗り面に乾漆粉を蒔くと表面張力が働き所々に粉が集まり、その偶然に生み出された小さな集まりを活かし、漆を重ね固着させ研ぎだす技法です。
    庭園の「石畳のよう」な仕上がりになります。
    その石目に溜塗りを施しました。

    ※1 システムの都合上オーダー選択できますが、Musicは特殊なペン先の為、お断りしております。
    ※2 技法により象嵌は入れられません。ご了承ください。

    Add to Cart

  • Dorsal Fin (ver.2) Kuro-Ishime(黒石目) [no.07106] Ebonite
    Price: US$1,700

    キャップだけでなく胴にもヒレのデザインを施し、転がり止めの機能を持たせたモデルで、刀をイメージしました。

    黒石目の石目とは、漆の塗り面に乾漆粉を蒔くと表面張力が働き所々に粉が集まり、その偶然に生み出された小さな集まりを活かし、漆を重ね固着させ研ぎだす技法です。
    庭園の「石畳のよう」な仕上がりになります。

    ※1 システムの都合上オーダー選択できますが、Musicは特殊なペン先の為、お断りしております。
    ※2 技法により象嵌は入れられません。ご了承ください。

    Add to Cart

Back to Top
Copyright © 2020 NAKAYA FOUNTAIN PEN Co., Ltd. All Rights reserved.