ペン先調整について

現在 中屋万年筆以外のペン先調整業務は無期延期とさせていただいております。
他社製万年筆のペン先調整ご依頼が急増し、本来の中屋商品にオーダーをいただいているお客様にまでご迷惑を掛けてしまいます。
大変申し訳ございませんが、ご理解の程宜しくお願いいたします。
尚、中屋オーナーズ倶楽部の方につきましても、他社万年筆のペン先調整を2015年12月31日をもちまして終了させていただきます。


机のなかにしまい込んだまま、眠っている万年筆はありませんか? 万年筆はそのまま放置しておくと、インクが固まって出なくなってしまうことがあります。 また気に入って使っている万年筆でも、先端が磨耗して書き味が変わってしまうこともあります。 そんな万年筆もプロのペン先職人が手を加えると、断然書き味が変わってきます。眠っていた万年筆をプロの手で、ご自分に合った万年筆に変身させてみませんか?

中屋万年筆では、このホームページへのご意見メールや、お電話で「現在使っているモンブランやパーカーなどのペン先調整ができないか?」というご要望を数多くいただきましたので、皆様が既にご使用になっていらっしゃる万年筆や、しばらく使わずにしまっている万年筆の「ペン先調整」を行っております。ぜひ当サービスをご利用ください。


<中屋の調整とは?>

下記の状態の万年筆でしたら、万年筆のメーカーを問わず、中屋のペン先専門職人が調整をさせていただきます。

■インクが固まって出なくなってしまった万年筆

まずは、ペン先をぬるま湯につけてお手入れしてみてください。それでもインクが出ない場合は、担当職人が洗浄・調整をさせていただきます。

■ペンの先端が摩耗してしまった万年筆

中屋万年筆の担当職人が、調整をさせていただきます。ぜひご相談ください。

■ちょっと書きにくいな、と感じる万年筆

中屋万年筆の担当職人が、お客様お一人お一人に合わせて、ペン先の調整をさせていただきます。よりお客様にとって使いやすい書き味に仕上げるため、下記要領で、「ペン先調整用カルテ」に、調整して欲しい内容について、ご記入ください。ご記入いただいた内容に合わせて、専門職人が調整いたします。  

■ペンの太さの調整

お客様が既にお使いになっていらっしゃる万年筆の、ペンの太さを調節いたします。店頭で購入できる万年筆は、太・中・細などの定番サイズになりますが中屋では、太字と中字の間の太さや、中字と細字の間の太さなどを「調製」により、実現します。また、太字を中字や極太にしたり、細字をより細くしたり中字にしたり、という調整が可能です。中字を極太にしたり、極細にしたりと、2ポイントずらす調整は少々困難ですが極力近づけるよう、調整しますので、ご相談ください。


<中屋でお請けできないこと>

① 部品の調達を伴うもの

部品の調達を伴うものにつきましては、部品の調達が難しくお請けできない状況です。申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。中屋で実施していることは、万年筆自体は筆記できるが、書き味を変えたいという場合のペン先調整のみですので、ご注意下さい。

-部品が必要なため中屋でお請けできない例-
●クリップが曲がっているので取り替えて欲しい
●キャップの勘合がゆるく嵌らない
●ペン先が割れている、欠けている 等

② シャープペン・ボールペン

恐縮ですが、中屋では、シャープペン・ボールペン等、万年筆以外の筆記具には対応しておりません。ご了承の程、よろしくお願いいたします。


<調整料金の目安>

下記料金を頂戴致します。
基本料には、専門職人によるお客様お一人お一人に合わせた書き味の調整料を含んでおります。通常は基本料金内で収まりますが、特に複雑な調整や部品代を伴う場合には、事前にメールで調整内容と見積金額についてご連絡させていただきます。

基本料
 ・モンブラン製万年筆 8,640円(消費税込) ※1
 ・モンブラン以外のメーカーの万年筆 5,400円(消費税込)

尚、中屋へお送り下さる時の送料は別途ご負担下さいますようお願い申し上げます。
(着払でお送りいただいた場合、受け取れませんのでよろしくお願いします。)

※1 モンブラン製万年筆は、ペン先の先端部分(細長くなっている部分)が長く、ペン先の調整に手間と時間がかかります。そのため2003年10月より値上げさせていただきたく、よろしくお願い申し上げます。


<納期>

調整にかかる期間は、着荷してから1ケ月~2ケ月です。出来る限り速く調整し、ご返送すべく努力しておりますが、現在オーダーが急増しておりますため、2ヶ月を要する場合がございます。大変恐縮ですが、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。


<ご注意>

私共では、お客様からお預かりするお品物を最大限大切に扱っておりますが、念のため下記注意事項につきまして、事前に承諾していただける場合のみ調整をご用命くださいませ。
・調整とは、ペンの書き味のみを変えることです。
・郵送時のトラブルを避けるため、大切な万年筆をお送りいただく際は、梱包を厳重にお願いします。また、返送時に、万年筆(ペン先・nibも含めた総ての部位)について、キズ・亀裂等の不具合があった場合、当方では責任を追いかねます。予めご承知おきください。
・事前連絡なく、私共に万年筆をお送りいただいた場合、私共では保管の責任を負いかねます。
・調整依頼いただいた品物が、ご連絡した納期内に当方から発送されているにも拘わらず、お客様のご不在により配送が出来ず、その旨当方からご連絡しても1ヶ月ご連絡を戴けない場合は、その時点で当方での保管責任は生じなくなります。
・ペン先先端のイリジウムへの加工によるペンポイントのサイズ変更(例:太字→中字)などを行った場合、メーカーによっては【不正な改変】がなされたということで以後の修理等のサービスを受けられなくなることが起こりえます。この様な事案においては弊社も責任を負いかねますのでその旨ご了承下さい。
・調整した他社ブランド品の納品後1ヶ月以上経過した場合につきましては当初の調整と同様に新規の調整としての扱いになりますことをご了解下さい。


<受付から返送までの流れ>

① 下のカルテボタンを押して、カルテページに進んでくださいこのカルテのフォームに従って、ペン先調整に関する内容を記入して送信して下さい。調整が必要な万年筆を先にお送りにならないよう、お願い申し上げます。連絡なく調整が必要な万年筆をお送りいただきますと、お客様の大切なお品の管理に支障をきたしてしまう恐れがあります。万一当方で確認できず紛失した場合でも責任を負いかねます。また、上記のような私共で修理をお請けできないケースの場合、送料がかかり、お客様にご迷惑をおかけしてしまいますので、事前の連絡(カルテの送付)をお願いします。

② 私共でカルテを確認し、対応させていただくことになりましたら、中屋万年筆よりメールをお送り致します。このメールのご案内にそって、万年筆をパッキン等で厳重に保護し、必ず書留または宅急便にてお送りください。
※普通郵便などでお送りになられて、郵送途中に紛失などありました際は、当方では責任を負いかねますので、ご了承ください。万年筆に、ご自身の筆記サンプルを同梱していただけると調整がしやすくなります。日頃よくお使いになる紙に、文字を書いてください。特に、太さの変更をご希望の方は、調整前の万年筆で書いた文字と、ご希望の太さをお書き戴ければと存じます。

③ 見積金額がOKでしたら、代金をお振り込み願います。

④ 振込確認ができ次第、調整を行い、返送させていただきます。

万年筆のペン先調整に関するご質問は、 こちらまでお願い致します。

Copyright © 2018 NAKAYA FOUNTAIN PEN Co., Ltd. All Rights reserved.